ChatGPTなどLLMを特定の専門的タスクに強くするプラットフォーム「OpenAGI」登場 論文から詳しく解説

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、ChatGPTなど大規模言語モデルをさらに発展させる新テクノロジー「OpenAGI」を紹介します。

ざっくりいうと、OpenAGIとは、AIがさまざまな専門分野の問題を解決する力を評価・開発するための環境です。

このプラットフォームでは、大規模言語モデル(LLM: Large Language Model)が様々なドメイン専門モデルを扱って、複雑で多段階のタスクを解決する能力を開発・評価することができます。HuggingFaceやGitHubからのリソースを利用し、幅広いモデルとデータセットを提供しています。

なお、AGIとはArtificial General Intelligenceの略で、直訳で人工一般知能。意味は、「人間と同様の感性や思考回路をもつ」人工知能のことです。

目次

OpenAGIプラットフォームの特徴

OpenAGIプラットフォームは、幅広いユーザーにとって有益で、様々なニーズに対応することができるプラットフォームです。これにより、最新のAI技術を活用して、多様な課題に取り組むことができます。主な特徴を以下に並べます。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

    記事をご覧いただきありがとうございます。

    ・サイトや記事へのフィードバック
    ・文献調査のご依頼
    ・広告配信のご依頼
    ・AI人材の雇用相談
    ・AI開発のご相談

    など、何かありましたら、ご連絡ください。

    業界/カテゴリー

    PAGE TOP