米企業、「暴力・武器の検出AI」で特許出願

   

関連記事:男性から女性への暴力再犯リスクを予測するAIを開発(AI×社会)【論文】

暴力を事前に食い止める!

アメリカのSCYLLA TECHNOLOGIES社は予見可能な暴力や、差し迫った暴力を検出するためにコンピュータビジョンを使用するためのシステムを発明しました。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

近年、画像やビデオはインターネットやその他のソースによって豊富になってきています。そのため、このデータをコンピュータビジョンに用いることができれば監視やセキュリティの分野で有益になることが見込まれます。

しかし、コンピュータビジョンを適応しようとすると、処理するフレームの数が膨大になってしまい、フレームを個別に処理するアルゴリズムは、感度が非常に低いか、誤警報率が高くなるという課題がありました。

そこでSCYLLA TECHNOLOGIES社は予見可能な暴力や、差し迫った暴力を検出するためにコンピュータビジョンを使用するためのシステムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x