男性から女性への暴力リスクを予測するAIを開発(AI×社会)【論文】

   

背景)犯罪の動機を考慮したシステムはまだ無い

心理学者や法律専門家は、犯罪経歴のある人の再犯リスクを予測するために、既存のツールを利用しています。このツールはここ数十年で大幅な改善を遂げました。しかし、既存のツールでは犯罪の種類や動機を考慮せずに全ての犯罪者を同種のグループとして扱っているため、予測がうまく機能しないことがあります。

また、再犯の予測のために線形モデルが使用されているため、複雑な現象を予測するのに制限がかかっています。さらに、従来では加害者と被害者の両方の報告を考慮しておらず、片方の情報に依存しているという課題がありました。そこで、これらの問題を改善した再犯リスクの予測を行うためのモデルが求められています。

再犯リスクの予測におけるモデルの改善という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。米国にあるヒューストン大学のJulia C. Babcockら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、ニューラルネットワークを用いた再犯リスクの予測と、報告データの偏りによる予測の影響を検証しました。

テーマ)高精度で再犯リスクを予測する

まずJulia C. Babcockらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP