特許「チャットボットの訓練AIシステム」出願が公開(米マイクロソフト テクノロジー ライセンシング社)

   

関連記事:チャットボットが明快な回答をする時は来るか(AI×IoT)【論文】

チャットボットは今の性能が限界ではない

アメリカのマイクロソフト テクノロジー ライセンシング社は、AIを使用した対話型ダイアログトレーニング及び通信システムを開発しました。

背景

近年、チャットボットは企業及び個人において人気が高まってきています。特に、マーケティングと販売やプロジェクト管理、ベンダーとサプライヤーの活動、カスタマーサービスのフィードバック、トラブルシューティングなど様々なものに用いられています。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP