がん患者の孤独を救うAIテクノロジープロジェクト!【AI論文】

自然言語処理(NLP)アルゴリズムは、病院の電子カルテの臨床記録を「読む」ことによって、癌患者の社会的孤立の兆候を自動的に発見することについて90%の精度を達成している。

自然言語処理(NLP)とは:
人間が日常的に使っている自然言語をコンピュータに処理させる一連の技術である。(参照:Wikipedia )

誰がやっているのか?

その功績はサウスカロライナ医科大学(MUSC)の行動科学者と生物医学情報学者の仕事だった。
彼らの発見は、BMC Medical Informatatics and Decision Makingにオンラインで公開されている。

論文はこちら

主任研究著者Chanita Hughes Halbert博士および同僚は前立腺癌患者に焦点を当てた。
なぜならば以前の研究ではこれらの患者が治療の副作用―失禁やインポテンスを含むことも稀ではない―のために人間関係から撤退する傾向があることを発見したためである。

研究者らは、「社会的支援の欠如」、「寂しい」、「社会的孤立」、「友だちなし」、「孤独」などの用語をデジタル化された臨床ノートから抽出できる用語集とNLPパイプラインを開発した。

開発に必要なリソースとは?

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP