酒に酔ってるのがバレる!? 「注目のAI特許」今週の5本(2020年5月第5週版)

   

特許は、AI研究が理論で終わらず実用化された事例の集大成です。「今週の5本」シリーズ特許編では、最新のAI関連特許を紹介します。今週は、以下の5つの特許に注目していきます!

今週のラインナップ
1. 利用者が酒に酔っているかを見抜く
2. ゴルフのスイング感覚を再現する
3. 自分好みのクーポンが届く!?
4. 話し手を聞き分けられるAI
5. 立体駐車場の安全利用をサポート

バックナンバーはこちら

利用者が酒に酔っているかを見抜く

中国のBeijing Didi Infinity Technology And Development Co., Ltdは、配車サービスの利用者が酔っているかどうかを事前に判別できるAIシステムを開発しました。

テクノロジーの発展により、近年では、スマートフォンのアプリを使って手軽にタクシーや運転代行サービスを呼ぶことが可能となりました。しかし、一方で、酒に酔った利用者とのトラブルも相次いでいます。

開発されたAIシステムでは、過去の利用データを学習したAIが、利用者が予約したエリアなどの情報を元に、予約者が酔っ払っているかどうかを確率的に判別することができます。酔っ払いの可能性が高いと判断された場合、運転手にアラートを通知することもできます。こうした予測システムが確立されることで、思わぬトラブルを回避する施策を打つことができるようになるでしょう。

特許の詳細:ARTIFICIAL INTELLIGENT SYSTEMS AND METHODS FOR IDENTIFYING DRUNK PASSENGER BY CAR HAILING ORDER

関連記事:AIは交通安全を保証するか。標識を正確認識

ゴルフのスイング感覚を再現する装置

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP