USBで「AIを持ち運ぶ」。セキュリティ時代の開発ノウハウ

意外と「おなじみのテクノロジー」が役立ちます。

Journal of Digital Imagingに掲載された論文で研究者が「USBドライブがAI開発の現場には欠かせない」と語りました。

コンピューターの面倒ごと

インターネットからファイルをダウンロードしたり、企業や機関のコンピューターからメールを送信するなどのタスクは、まるでルービックキューブを解くように複雑化して面倒な作業に成り果てています。
ファイアウォール、パスワード忘れ、アプリの制限、管理者のアクセス許可・・・。コンピューターの悩みは、時代がハイテクになればなるほど増えてきています。

そこでUSBドライブは、チームがAIプロジェクトを推進するのに役に立ちます。すでに完成したアルゴリズムを建物に「物理的に」持ち込めば、誰でも使用できます。

ある事例では、
1. 胸部X線で肺炎を識別するように訓練された機械学習アルゴリズムを、「自身の環境で」作成しました。
2. そして臨床環境でテストするべく準備を進めました。
3. しかし途端にプロセスが停滞しました。病院のコンピューターにおけるファイアウォールと管理者制限により、新しいソフトをインストールすることができなかったのです。

データをクラウドで使用することが許可されていない現場は沢山あります。そうするとWebアプリすら構築できません。データの使用をオンプレミス(ローカル)でのみ許可されているのはセキュリティ的には妥当な選択かもしれませんが、開発の手はどうしても遅くなります。

USBでAIを持ち運ぼう

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP