UCLAが医療データ統合に向けたAIをAzureで開発!

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校(英語: University of California, Los Angeles))
アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスにある総合州立大学である。1919年に設置された。10の大学からなるカリフォルニア大学システム(UCシステム)の1校で、バークレー校、サンフランシスコ校に次ぐ歴史を持ち、カリフォルニア州の大学で学生数が最も多い州立大学。大学の略称は「UCLA」。2018年時点で、13人のノーベル賞受賞者を輩出し、THE(タイムズ・ハイアー・エデュケーション)世界大学ランキング等で常に上位に位置する米国を代表する世界的な教育・研究機関である。USニューズ&ワールド・レポートのBest College 2019では公立大学として1位、THE(タイムズ・ハイアー・エデュケーション)世界大学ランキング 2019では世界17位にランクイン。また、1969年10月29日にキャンパス内で行われたARPANET上でのデータ送信実験は、インターネットが誕生した瞬間とされ、UCLAは「インターネット誕生の地」とされている。(参照:Wikipedia

何が起こっているか

UCLA Healthは、新しいMicrosoftクラウドコンピューティングサービスであるMicrosoft Azureを導入することによって膨大な量のデータを統合している。
これは、医療の発見をスピードアップし、患者のケアを向上させる。
AI埋め込みツールは、医師や研究者が使用できる洞察のためにデータを処理できる。
UCLA Healthは総合的な学術的健康システムであり、マイクロソフトの機械学習を追加することで、患者データと個々の状況を使用して効果的な治療を調整する、高精度な健康の提供を促進することができる。

UCLA HealthとDavid Geffen School of Medicineは、データから洞察を迅速に解釈して活用できる高度なコンピューティングツールを備えた、Azureのプラットフォームを使用する。
このプラットフォームは、ヘルスシステムによって保護および管理される。
このツールは研究者間の共同作業も促進する。

責任者たちの声

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP