シェアリングエコノミーの中心はAIと生体認証技術。

いま世界を支配しようとしている技術と言えば、以下のようなものが挙げられる。

・ビッグデータ
・人工知能
・生体認証技術

生体認証技術(バイオメトリクス技術)
バイオメトリクスとは「生物個体が持つ特性」により人物を認識する技術。
用いられる特徴や特性は、指紋、顔、声紋、網膜、署名などがある。
参照:日本自動認証システム協会、http://www.jaisa.jp/action/group/bio/About%20BIO/gaiyou.htm

シェアリングエコノミーで非常に重要な役割を果たすのは、「信頼」である。AIと生体認証は「信頼」を担保することを期待されている。

一方で、セキュリティ侵害の発達も懸念される。
どのようにして正確さと信頼性を提供していくかを考えていく。

生体認証技術

Global Markets Insightのレポートによると、生体認証技術の世界市場は2024年までに最大500億ドル(=約5.5兆円)まで成長する見込みだという。

Global Markets Insight
大手企業、非営利団体、大学、政府機関に対し、世界の市場に関する調査と経営コンサルティングサービスを提供。
参照:同社HP、https://www.gii.co.jp/publisher/gmi/

AppleがFace IDを発表したのは最近のことである。すべての個人は異なる身体的特徴を持っているので、顔であっても認証が可能であった。McKinseyによるレポートによると、業界は2022年までに160〜200億ドルに成長すると予測されている。

強化AI / ML

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP