AIが匂いを感じる未来 Googleの小粋な挑戦

ニューラルネットは匂いの神経を手に入れるか

テクノロジーの進歩により、AIは人間のように見たり聞いたりするのが上手になりました。

Googleは、AIが新しい感覚-つまり匂いを感じられる未来を目指して動いています。
同社は、AIが分子の匂い特性を識別するのに役立つニューラルネットワークの開発を試みているのです。

Googleによると、匂いの検出は複数ラベルの分類問題であり、物質は複数の匂い特性を持つ可能性があります。
たとえば、バニリン。人工バニラの風味を開発するためによく使用されるこの物質には、「甘い」「バニラ」「チョコレート」などの複数の匂いの因子があります。一部の特性が他の特性よりも強いだけ。

専門家とタッグ(いつもの流れ)

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP