眠りのような遅い振動が、視床皮質系モデルにおいてシナプス性の恒常性を用いての画像分類と、記憶の結びつきを向上させる【AI論文】

[論文] C. Capone, E. Pastorelli, B. Golosio, P. S. Paolucci. “Sleep-like slow oscillations improve visual classification through synaptic homeostasis and memory association in a thalamo-cortical model”. Scientific Reports, 9, 8990 (2019). [DOI:10.1038/s41598-019-45525-0]

3つの要点

✔️睡眠の重要性は知られているが、まだ仕組みについて詳しく解明されてはいない

✔️深い眠りのような遅い振動活動を含む視床皮質モデルを作った

✔️視床と皮質との繋がりがある方が画像分類の精度がよかった

概説

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP