心理テストとAIで生徒の成績を予測【AI論文】

教育心理学も統計学

文科省によると、現代はキャリア教育の重要性が叫ばれている時代である。子供たちを取り巻く社会環境、産業・経済、雇用の事情は劇的に変化し続けている。そんな中、子供たちの学習能力におけるパフォーマンスを予測するために教育心理学を用いることが増えてきた。

心理学は統計的手法を武器にして物事の傾向を把握する学問であるが、教育に役立つ心理学を特に教育心理学という。そして統計技術は機械学習によって進化している。

ブラジルにあるFaculdade Independente do NordesteのHudson F. Golinoら研究者は、機械学習アルゴリズムにはいくつかのタイプがあり教育研究分野にも応用できる中で、Random Forest(ランダムフォレスト。機械学習アルゴリズムの一つ)の教育心理学における可能性に注目し、生徒を事前に成績上位クラスか下位クラスかを予測するモデルを作った。

成績予測をモデル化

Hudson F. Golinoらの研究成果の要点は以下の通りである。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP