自動運転のその先へ?日本はAI交通の未来たりえるか

重要なことを先にー。

✔️日本が自動運転を「全国」に普及させた「最初の国」を目指している中、自動車メーカーはAI交通の革命について虎視淡々取り組んでいる。

✔️「大都市以外」で自動運転車がどれほど利益をもたらすのか、疑問が残っている。

✔️単なる移動手段としてではなく「プラットフォームとしてのモビリティ」が期待されている。

東京ー

自動運転車の開発がどんどんとされている中、総理大臣は2020年の東京オリンピックまでに自動運転車のネットワークが東京で完成していることを目指すと発表した。

日本がオリンピックを利用してインフラを根本的に進化させたのは初めてのことではない。1964年、東京オリンピックが開催される9日前、昭和天皇は最初の新幹線に自ら乗った。
その後は50年の間、日本は経済大国へとのし上がった。まるで新幹線に乗っているようだった。

1960年代に経済が角度をあげて急上昇したとき、新幹線の登場によって影を落とされた日本の地域もある。大部分が山岳地帯にあたる日本では、農村部が過疎化し、高齢者コミュニティと化した。総務省によると日本の65,000の地域のうち、65歳以上が過半数をしめるのは実に15,000にのぼるという。

高齢化は日本の将来を考える上で極めて深刻な話題である。さてここで自動運転の話題に戻ろう。2020年に火蓋が切って落とされる「AI交通」は、一体誰に利益をもたらすのだろうか?

都会主義者の葛藤

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP