3Dプリンターの特殊パラメータを調整【AI論文】

韓国にある釜山大学校のSeulbi Leeaら研究者は、付加的製造(AM)*は多くの重要な利点を提供し様々な分野の産業パラダイムシフトを起こしうるという状況において、そのPBF(Powder Bed Fusion, 粉末を敷いた領域を熱によって選択的に溶融結合させる手法)プロセスには多くの関連する処理パラメータが存在し理解が困難であるという課題に着目し、最新のデータ解析を用いて溶融池*の形成を理解し予測した。

*付加的製造(AM)・・・3Dプリンターとして製品に昇華している技術

*溶融池・・・熱によって電極や母材が溶融してできた溶融金属のたまりのこと

その研究のポイントはこうだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP