元マイクロソフトのAI企業役員が語る「データサイエンティストほどAIに不満な者はいないかも」

データサイエンスは複雑な分野で、才能を持つものは限られている。データサイエンティストに対する需要は成長し続けており、特にあらゆるAI企業は彼らを獲得したがっている。なのに、企業は彼らの不満をわかってない。

そう語るのは、元マイクロソフトのワールドワイドコマーシャルビジネスの戦略および運営担当副社長であるMatthew Bishopだ。

彼は現在、Core ScientificというAIやブロックチェーンのためのインフラ会社の役員を行なっている。本記事の示す内容は、彼のプロフェッショナルとしての経験に基づく業界のインサイトと、ニーズに応えるべく作られた画期的なサービスの全貌である。

データサイエンティストの不満は、次に集約される。

「ディープラーニングに最適化されたオンデマンドコンピューティングの不足」

大規模なデータセットを処理するためのインフラがないというわけだ。AIが会社の将来にとって重要だとわかってはいても、大きなインフラの導入にはリスクが伴う。残された手段は、データサイエンティストが機械学習モデルを実行したり運用したりするために自前のクレジットカードを切るしかない!

Core Scientificのような企業が出てきたのは、そのような課題が業界に蔓延しているためだ。この企業が提供しているのはAI企業およびデータサイエンティストへの支援。ビジネスリーダーがAIを通して世界を変えていくために必須な、オンデマンドサービスがそれに当たる。

データサイエンティストが、喉から手が出るほど欲しいクラウドサービスとは

Core Scientificは、データサイエンティスト向けクラウドを作るために、業界最高のハードウェア及びソフトウェアを集めた。それはデータサイエンティストが「本当に高度なAIの課題」に取り組むことを目標とできるようにするためだ。GPUハードウェア、ソフトウェアのリーディングカンパニーと提携まで行なった。

大規模なモデルをトレーニングするために設計された「それ」は、”Core Scientific aiLab”と名付けられた。Core Scientific aiLabは最も普遍的なデータサイエンス ツールを備えた機械学習ツールを提供する。それさえあれば、普通のハードウェアしか持っていないR&Dであっても大規模なモデルを頻繁にトレーニングできる。

結果にコミット

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP