SNS麻薬取引はAIに摘発される

C-San Diegoで実施され、Journal of Medical Internet Researchに6月14日に掲載された調査によれば、ディープラーニングは、ソーシャルメディアを使用して顧客とつながりを持つ麻薬の売人を見つけるのに役立つ。

「鬼は外」できてない

著者はInstagramに焦点を当てた。
彼らはそのプラットフォームが規制当局と政策立案者からの要請の増加にもかかわらずディーラーが投稿することを可能にし続けていると指摘する。

研究のために、Timothy Mackey(PhD)および同僚は、267の麻薬販売業者からの1,228の投稿を特定するためにWebスクレーパーを使用してから、3つの機械学習手法(ランダムフォレスト、デシジョンツリーおよびサポートベクターマシン)に対して彼らのディープラーニングモデルを比較した。

オキシコドン、メタンフェタミン、LSD、Xanaxなどを含む不正な販売活動を正しく識別することにおいて、ディープラーニングが最高のパフォーマンスを発揮し、95%の精度を達成した。

麻薬取引のパターンを検出

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP