AIが診断&治療時間を短縮!

バージニア大学工学科医学部の研究者によると、子供に”永久的な損傷を引き起こす可能性がある”腸疾患の診断と治療は、機械学習を適用することでスピードアップできる。

バージニア大学(英語: University of Virginia、通称UVA)は、アメリカ合衆国バージニア州シャーロッツビルに本部を置くアメリカ合衆国の州立大学である。1819年に設置された。パブリック・アイビーと称される名門の一つ。

研究のあらまし

研究者らは、腸の栄養素を吸収する能力を制限し、成長を妨げ、脳の発達を害し、さらには死に至る可能性がある、『環境性腸機能障害』を患っている子供の生検画像に機械学習アルゴリズムを使用した。
バングラデシュ、ザンビア、パキスタンなどの中低所得国では、この問題は広範囲に及んでいる – バージニア州の農村の子供たちの人口も影響を受けているが、5歳未満の子供の20%がこの病気に冒されている。
彼らの研究は最近JAMA Open Networkに掲載された。

研究者たちは、予防可能な病気の診断と治療のプロセスをスピードアップすることを望んでいた。
彼らは畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を使って画像を分析し、子供の腸疾患を診断した。
ネットワークは十二指腸生検画像で訓練され、データは2017年11月から2018年2月の間に収集、作成、分析された。

研究の結果

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP