ハーバード大、機械学習アルゴリズムに人間の脳活性を組み込む【AI論文】

   

アメリカにあるハーバード大学のRuth C. Fongら研究者は、機械学習の発展の歴史において活性化された悩の情報が組み込まれていないという課題に着目し、”ニューラルウエイト”という新しいパラダイムを試みた。

その研究のポイントはこうだ。

✔️課題
脳の活性化は現実の知能において重要だが機械学習において組み込まれていない。

✔️解決手法
”ニューラルウエイト”という新しい機械学習のパラダイムを提案した。

✔️結果
マシンビジョンの機能において大幅に処理効率が上がった。

では研究の詳細を見てみよう。

脳の活性化が組み込まれていない既存のAI

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP