非ディープラーニングで金属の欠陥を高精度検知(中国)【AI論文】

   

中国にある昆明理工大学のWeiquan Dengら研究者は、渦電流探傷試験が金属部品の状態評価に広く用いられている状況において、現在の金属部品の欠陥評価は客観性に欠けるという課題に着目し、KPCAとELMを用いた手法を試みた。

研究のポイントはこうだった。

✔️課題:
現在の金属部品の欠陥評価は客観性に欠ける。

✔️解決手法:
KPCAとELMを用いた手法を採用した。

✔️結果:
採用された方法は従来の方法より性能がよかった。

では研究の詳細を見てみよう。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x