【DeepMind】AIの研究と「心理学の研究」の違いを語る

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

実はどちらも統計学

AI研究と心理学研究とを研究文化の点から比較したDeepMind社のLampinenらの論文を要約してご紹介します(なお当該論文は,米国テキサス大学の心理学者Yarkoniの論文“The generalizability crisis”へのコメンタリー論文です)。

▼論文情報

著者:Lampinen, A. K., Chan, S. C. Y., Santoro, A., & Hill, F. (2021, March 23).
タイトル:Publishing fast and slow: A path toward generalizability in psychology and AI.
URL:DOI

AI研究は,目覚ましい速度で進展しています。新しいアイディアや研究成果はすぐブログやSNS上に投稿され,論文は学術誌に掲載される前にプレプリントとしてarXivなどの論文公開サイトでいち早く公開されます。また,厳しい審査を経るため公開に時間がかかってしまう学術誌よりも,講演録の形で研究成果を残すことのできる学会発表の方を重視している研究者も少なくありません。このような,研究者コミュニティの中でアイディアや成果を迅速に共有する習慣が,今のAI研究全体のスピードを維持する大きな要因になっています。成果を素早く公開して多くの研究者で共有するこうした研究文化を“fast publishing”と呼ぶことが出来ます。

他方で,伝統的な多くの学問分野,例えば心理学には,これほどのスピード感はありません。研究発表の主要な場は学術雑誌であり,投稿した論文がすぐに受理されることはめったになく,査読システムによって何回かの修正や追記が求められるのが普通です。結果,投稿から掲載までに数ヵ月,場合によっては1年ほどかかってしまうこともあります。こうした古くからあるシステムを上記の“fast publishing”と対比して“slow publishing”と呼んでも良いでしょう。

発表スピード

“fast publishing”と“slow publishing”それぞれの特徴をまとめると,以下のようになります。

“fast publishing”の特徴 -AIの研究

・情報がネットを通じて素早く共有されるため,雑誌を購読したり学会に参加したりしなくても,最新の研究成果にアクセスできる

・期待通りの結果が得られなかった研究でも,気軽に公開される

・結果として,その領域全体の研究が速く進む

・特にAI研究では,特定のデータセットが複数の研究でシェアされることがしばしばある。研究成果の比較が容易になり,その領域の研究の進展が速くなる

・ただし,研究コミュニティ全体がそのデータセットに対して過学習に陥るリスクもある

“slow publishing”の特徴 -心理学の研究

・全体として研究が慎重に進められ,研究結果の拙速な公表を防止することができる

・ただし,期待通りの結果が出た研究,あるいは公表する価値がある(と見なされた)研究だけが公開されることになり,出版バイアスが生じやすい

・レビュー(総説)やメタアナリシス(メタ解析)といった,複数の研究成果を統合するような研究がしばしば行われ,より普遍的で深い洞察につながりうる

・それを読めば,その分野の専門家でなくても最新の研究状況を大まかに理解することができる

一方の長所は,裏返せば他方の短所を暗示してもいます。Lampinenは,“fast publishing”と“slow publishing”は単にどちらかが優れているというものではなく,互いに補い合うものであると述べています。AIや心理学に限らず多くの研究分野において,この2つのバランスを保つことが望ましいのかも知れません。

関連記事

Asa-jirow

投稿者の過去記事

精神科医。ゲーム製作会社,法律事務所勤務を経て医師に。AI学会会員。意識のハード・プロブレム,人工人格について考察中。

業界/カテゴリー

PAGE TOP