「SEOできているか」AIで判断 高SEOページの特徴も(論文)【AI×Web】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、インターネットマーケティングにおいて、ウェブページが検索エンジンで上位に来ることは非常に重要です。機械学習を活用すると、何がわかったのでしょうか?

ウェブで集客するときの門番

GoogleやBingなど様々な検索エンジンがありますが、それらの検索エンジンで特定のキーワードで検索をした時に上位に表示されるようにウェブページを最適化することをSEO(Search Engine Optimization)と呼び、通常は広告枠ではない無料の検索結果に対する最適化のことを指します。

SEOのために、各検索エンジンではどのようなファクターが考慮に入れられるかのガイドラインは公開されているものの、それらのファクターがどの程度結果に影響するかについては公開されておらず、何を優先すべきかが明確ではありません。

Matoševicらが行った2021年の研究を紹介します。MatoševicらはSEO対策がどの程度できているのかを定量化し、インターネットマーケティングに生かせるようにすることを研究の目標としました。

検索エンジンにおいて考慮されるファクターには、ウェブページの管理者がコントロールできるオンページファクターとコントロールできないオフページファクターの二種類があり、本研究ではオンページファクターのみを対象としています。

研究者らは、5つの機械学習の手法を検索結果の予測タスクに用い、特定のページが、どの程度SEO対策できているのかを調査しました。

この記事で取り扱った論文:Goran Matošević, OrcID,Jasminka Dobša and Dunja Mladenić ,”Using Machine Learning for Web Page Classification in Search Engine Optimization”,Future Internet,[13(1)],9 DOI

ウェブカテゴリーの人気記事:電化製品の評判をTwitterから分析?(AI×マーケティング)【論文】

SEO対策できているかを分類

まずはMatoševicらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

業界/カテゴリー

PAGE TOP