「アルファ碁を超える」マイクロソフトが麻雀AIを開発!

トッププレイヤーと並ぶ麻雀AI

マイクロソフト・リサーチ・アジアは、麻雀で人間のプレイヤーを倒すための人工知能システムを開発している。

スーパーフェニックス、またはSuphxと呼ばれるこのシステムは、人間と対戦を行い、その対戦から学習するように設計された。マイクロソフトによると、今や世界で最も優れたプレーヤーと戦う準備が整っていると言う。

Suphxで使われているアルゴリズムは、将来現実の世界で、未知の要因や偶発的な出来事に影響される複雑な課題に取り組む際に役立つであろうと期待されている。

このシステムは、木曜日に上海で開催された2019年世界人工知能会議(WAIC)にて発表された。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP