バンダイが「都市シミュゲーにおいてプレイヤーを導くAI」で特許取得していることが判明。

   

バンダイが昨年より出願し審査が行われていたAI特許が今年に入って審査を通過し特許登録されていることがわかった。

発明者の概要

会社名

株式会社バンダイ

市場情報

非上場

設立

1950年7月5日(株式会社萬代屋)

社員数

851名

そのネームバリューから感じられる規模よりは若干小ぶりの組織のようだ。
バンダイといえば古くはハイパーヨーヨーなど、手にとって遊ぶおもちゃのヒット作が豊富にあるイメージだが、今回はデジタルゲームに関する特許。

さて、どんな内容なのだろうか?ゲームに関連するAIの話は特にわくわくしてしまう。

発明内容の概要

街を発展させるのが目的のゲームで遊んだことはあるだろうか。
筆者はあまり多くはないが、「Civilaization」というiPadアプリゲームをインストールして弄ったことがある。正直言って、検討する選択肢が多すぎて途中で挫折してしまった。

バンダイがこのたび特許として取得した技術というのは、AIによってプレイヤーに「次の行動をアドバイス」するというもの。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x