ディープラーニングで金属亀裂検出を自動化(中国)【AI論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国にある電子科技大学のJue Hu、Weiping Xuら研究者は、パルス渦電流サーモグラフィが金属の亀裂検出に急速に使われるようになっているという状況において、亀裂検出における教師あり学習の研究が進んでいないという課題に注目し、PCAとFaster-RCNNを用いた手法を試みた。

その研究のポイントはこうだ。

✔️課題:教師あり学習による亀裂検出の研究は進んでいない

✔️解決手法:PCAとFaster-RCNNを用いた構造を提案し、欠陥の可視化まで行った。

✔️結果:提案された手法は他の手法と比べて良い結果を出した。

では研究の詳細を見てみよう。

教師あり学習による亀裂検出の研究は進んでいない

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界/カテゴリー

PAGE TOP