コニカミノルタ社、「人間の発想を支援するAIシステム」で特許出願!

   

関連記事:特許「品物の値引きを考えるAI」が公開(三菱商事)

AIが新たな視点を提供する

コニカミノルタ社は、ユーザーに発想の着眼点を与える発想支援AIシステムを発明しました。

背景

近年は大量のデータを用いて学習を行い、学習結果に基づきパターン認識や最適解の選択を行う人工知能が改良や高速化を通じ、幅広い分野で利用可能となっています。

それによって、単純労働や定型業務の機械化が進展していき、人間にはより創造的な仕事や役割をこなすことが求められてきています。AIによって仕事が奪われると言われている分野がこのあたりですね。

しかし、すべての人間が創造的な発想を得意としているわけではなく、着眼点を得るのに多くの時間がかかってしまったり、そもそも着眼点にたどり着けない場合が多々あるという課題がありました。

そこでコニカミノルタ社は、ユーザーに発想の着眼点を与える発想支援AIシステムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x