Instagramに網を投げ、「電子タバコ喫煙者」の未成年を追いました。(AI×社会)【論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景)増加する未成年の電子タバコの使用

「電子タバコ」は従来のタバコよりも健康的な代用品として登場しました。一方で米国では電子タバコの使用を報告した高校生の割合は、2年間で12%から28%まで急上昇したという報告もあります。電子タバコの使用自体は未成年でも問題ありませんが、長期的な健康への影響は完全に把握できていません。

また、電子タバコはタバコ依存症への感受性を高める可能性があり、米国の調査によると電子タバコを使用した若者は、その後に可燃性のタバコを試す可能性が高くなります。そのため米国食品医薬品局(FDA)は若者向けの電子タバコ防止キャンペーンをしていますが、SNSを通じて電子タバコに関する投稿は後を絶えません。

若者を対象とした電子タバコに関連する投稿の制限という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。米国にあるカリフォルニア大学バークレー校のJulia Vasseyら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、電子タバコに関連するInstagramの投稿をディープラーニングで分析し、FDAのキャンペーンの影響を調査しました。

テーマ)ディープラーニングで電子タバコのInstagram投稿を分析

まずはJulia Vasseyらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

業界/カテゴリー

PAGE TOP