イェール大学、「子宮内膜症を検出するAI」で特許出願!

   

関連記事:特許「結腸ポリープの病変を検出するAIシステム」が公開(米ENDOSOFT LLC社)

より正確に子宮内膜症を診断したい

イェール大学は、子宮内膜症を検出するAIシステムを発明しました。

背景

子宮内膜症とは子宮内膜組織が子宮の内側を覆う通常の位置から主に腹腔内に移動することにより引き起こされる病気です。これによって、腹痛、胃腸の不調、過度の出血、不妊症、月経障害などの多くの症状が引き起こされます。

子宮内膜症は女性の約10%、慢性的な骨盤痛のある女性の50〜60%、不妊症の女性の最大50%に見られます 。診断方法としては腹腔鏡検査、外科的処置が行われています。しかしその有病率にもかかわらず、何年も診断されないことが多いようです。

そこでイェール大学は、より正確で効率的に子宮内膜症を検出するAIシステムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x