MRI、CTなど5種類の画像に対応するAI画像認識ネットワークが公開【GitHub】

   

関連記事:特許「4D医療画像ベースの静脈AI内視鏡システム」が公開(中 未艾医疗技术(深圳)有限公司社)

医療画像セグメンテーションのためのネットワークが登場しました!

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

医療画像のセグメンテーションはコンピュータ支援診断システムにおいて極めて重要な役割を果たしています。医用画像やスキャンから臓器や病変などのをセグメンテーションするには、体積、形状、位置などの詳細情報が非常に重要です。

IEEEのJeya Maria Jose Valanarasuらは、画像セグメンテーションのためのネットワークであるKiU-Netを提案しています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Y3wyJoG1LaR8ncI48cCpNU-zIgTu7-sopK3btNYUyP9mp1mcw1hKRodf_jucAXqcSdo8KEVqVFQiFJi4VvUUVwe8GhbBHR8g3LEnJbh-AzK5KWHBQsW_S4HXMUQM-QcSUDgKgcar です
脳の超音波画像のサンプル(図は論文から引用)

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

ロッテノ

投稿者の過去記事

SE2年目に突入。大学では機械工学を専攻していました。製造・工業分野などのAIの活用を深堀して、分かりやすい表現で執筆していきます。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x