スタンフォード大、「透明」でも3D姿勢を推定できるAI技術発表【CVPR2020】

   

関連記事:ロボットと作物の衝突を回避する「姿勢推定」テクノロジー~グアバ収穫の場合~(AI×農業)【論文】

以下では、画像認識技術のトップ学会であるCVPRにおいて今年発表された論文の中でも、特に筆者が面白いと感じたものを紹介します。

機械によるポーズ推定技術向上へ

身の回りを見渡してみると透明な物体、ガラスやプラスチックなどがたくさんあります。透明といっても、その物体によって光が屈折するので人間にはその物体の形、構造といったものを見た瞬間に把握することができます。しかし、機械にそれを認識させるのは、それほど簡単なことではありません。

論文情報

タイトル:KeyPose: Multi-View 3D Labeling and Keypoint Estimation for Transparent Objects
著者:Xingyu Liu, Rico Jonschkowski, Anelia Angelova, Kurt Konolige
機関・国:Stanford University、アメリカ

3Dポーズの推定は機械にとって難しい

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP