AIの対話理解アプローチを定量的に比較【GitHub】

   

関連記事:特許「顧客との対話を分析するAI」が公開(アクセンチュア株式会社)

世の中に出てきた様々なタスクのアプローチ

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

AIによる人間のような会話システムは昔からの目標です。対話は感情、思い込み、意図、性格などの要因に依存しており、これらの変数を活用した対話生成メカニズムが必要です。

シンガポール工科デザイン大学のDeepanway Ghosalらは、さまざまな対話理解タスクに対するアプローチを提案しています。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

ロッテノ

投稿者の過去記事

SE2年目に突入。大学では機械工学を専攻していました。製造・工業分野などのAIの活用を深堀して、分かりやすい表現で執筆していきます。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x