スクールバスで給食を運ぶ、最適ルートをAIで決める?(新型コロナ関連AI研究紹介)

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の課題に立ち向かい、AIでチャレンジしつづける研究者たちがいます。彼らの新しい研究発表は、毎日のように論文という形で発表され続けています。それらはデータベース「新型コロナウイルス関連AI論文一覧」に随時追加され、いつでも閲覧可能です。

この週刊記事では、先週データベースに追加された新たな論文をご紹介します!

先週新しく追加された論文は9件

まずは、データベースに新しく追加された論文をお知らせします(論文タイトルを機械翻訳)。

感染拡大分析

  • ディープラーニングを用いたインドネシアにおけるCOVID-19の将来予測(9/22)
  • COVID-19患者の院内死亡率を予測する機械学習ベースの予測モデルの開発と検証(9/23)
  • ディープラーニング時代の感染症疫学(9/25)
  • 機械学習を用いたCOVID-19コミュニティ死亡リスクの予測とオンライン予後予測ツールの開発(9/29)
  • インドの皮膚科医がCOVID-19に対抗する技術を振りかざす!(9/29)

診断補助

社会動向分析

  • スクールバスの路線を活用し、食事を必要としている家庭に食事を届けています(9/23)
  • 医療情報・教育環境の比較研究(9/25)

今週は感染拡大分析に当てはまる論文が多く見受けられました。

【PICKUP】スクールバスが給食を配膳する?!

その中でも特に注目度の高い研究は、学校給食に頼って生活している子供たちのためにAIを活用し効率的にスクールバスを利用して給食を配る以下の研究でした。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

    記事をご覧いただきありがとうございます。

    ・サイトや記事へのフィードバック
    ・文献調査のご依頼
    ・広告配信のご依頼
    ・AI人材の雇用相談
    ・AI開発のご相談

    など、何かありましたら、ご連絡ください。

    業界/カテゴリー

    PAGE TOP