AIがSNS上で鬱病を早期発見する

研究者らは、ソーシャルメディアの投稿の分析に使用すると、現在の最先端技術よりも10%臨床的鬱病の早期発見を高めることができる2つの機械学習技術を実証した。 

研究の手始め

チームのメンバー、スペインのA Coruña大学の教員は、6月14日にJournal of Medical Internet Research( https://www.jmir.org/ )にオンラインで発表した。

A Coruña大学とは
スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県ア・コルーニャに本部を置く大学。1989年に設立された。ア・コルーニャとフェロルにキャンパスを有する。
https://www.udc.es/

Victor Carneiro、PhD、および同僚らは、Reddit.com( https://www.reddit.com/ )でうつ病subredditに関する表現が重大なうつ病性障害の可能性を示唆している887人を特定した。 

そのうち135人は、実際にその状態と診断されたことを示している。
これらの自己申告による診断は、研究者らが自動化ツールの性能を比較する際の最終的な結果となった。 

ソーシャルメディアを介してうつ病を診断するという課題を「分類の問題」として特徴付ける研究者らは、
・テキスト
・セマンティック
・ライティング
の各機能について、50万を超える投稿とコメントをまとめた2つのアルゴリズムを開発した。

トライアンドエラー 

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP