ヒューマンエラー減らせ。列車前方の障害物を「物体検知」(AI×製造)【論文】

   

課題)ヒューマンエラーの発生する現場

鉄道輸送の成長に伴い、鉄道の安全性への関心が高まっています。例えば、鉄道上の事故は、従業員の疲労などによるヒューマンエラーにより発生しています。

そこで、機械学習による物体認知の技術が注目されています。列車前方の障害物を自動で認識し、運転手に迅速に知らせることができれば、鉄道事故の防止に大きく貢献できるかもしれません。

鉄道事故防止のために障害物を自動で検知したいという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。中国にあるリモートセンシング研究所のTao Yeら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、鉄道上の障害物の画像から機械学習モデルを構築することで、障害物の自動検知を試みたのでした。

テーマ)深層学習による障害物の自動検知

まずはTao Yeらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP