専門家による「お茶の品質評価」を代替するAIテクノロジー(AI×製造)【論文】

   

課題:熟練者による品質評価を機械化できるのか

お茶の品質の評価は、見た目や香り、味覚を頼りに評価される識別の難しい作業です。そのため、厳しい規制に従って熟練した専門家による作業が必須です。

一方、近年では「ニオイ」を自動で識別可能な人工電子鼻の開発が進められております。そこで、人工電子鼻を活用してお茶の品質を自動で識別できるようになれば、属人性を排除した効率的な品質評価が可能になるかもしれません。

お茶の品質評価作業を効率化するという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。インドネシアにあるガジャマダ大学のShidiq Nur Hidayatら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、人工電子鼻を活用したお茶の品質評価ツールの開発を試みたのでした。

テーマ:人工電子鼻による品質の異なるお茶の分類

まずはShidiq Nur Hidayatらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x