工業用AIがドイツ工場で検証された【AI論文】

日本での製造業のICT導入が遅れているといったニュースはあとを経たないが、製造業における今後の課題は海外でもまだまだある。
他産業ではすでに活用されている技術はまだまだ難しく、機械学習を深く理解しないことには導入が難しいAIの「頭脳」。数ある機械学習アルゴリズムの中から取捨選択し最適な機械学習を製造業で行うための後押しするような論文が発表された。

その論文のポイントはこうだった。

✔️ 機械学習のアルゴリズムの本番環境での登用が進んでいるなか、製造業での活用はこれからだ。

✔️ ドイツの製造工場のユースケースにて機械学習(ML)アルゴリズムが評価された。

✔️ 業種や対象ごとに適した機械学習アルゴリズムをサポートするツール(DMT)の開発が進んでいる

では研究の詳細を見てみよう。

製品品質と機械学習アルゴリズム

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP