特許「AI全自動取引プラットフォーム」が公開(中 Shanghai Yingshou Information Technology Co., Ltd.社)

   

関連記事: 株価を最も正確に予測できるアルゴリズムは?比較してみた結果・・・(AI×金融)【論文】

AIによる株売買システム登場!

中国のShanghai Yingshou Information Technology Co., Ltd.は株式投機ロボットに基づくAI全自動取引プラットフォームを開発しました 。

日本でもFinTechと呼ばれるように金融業界にもITの波が押し寄せております。投機及び投資の世界でも同様の流れで、多くの企業がAIを使って相場を読むシステムを開発しておりましたが、ユーザーはカスタマイズする必要があったため、プログラミングスキルや証券取引についても精通する必要があるものでした。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

Yoshiaki iida / Engineerforce CEOChairman,President & CEO

投稿者の過去記事

Engineerforceというソフトウェアの会社でCEOをやっております。

国内大手SIer→外資系企業→会社設立

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP