貸したお金は返ってくるんですか!?AIで予測(AI×金融)【論文】

   

インターネットによって個人間でのお金の貸し借りがサービス化する中、返済能力の予測が課題となっています。

課題:借り手が返済できるかを事前に知りたい

米国の融資企業であるレンディングクラブは、ITによる金融サービスを展開するフィンテック企業として銀行を買収した初の企業です。レンディングクラブは、銀行を通さず、直接「お金を貸したい人」と「借りたい人」をインターネットで結びつけるサービス(= ソーシャルレンディング)を展開しています。

こうしたソーシャルレンディングのサービス利用者にとって重要なのは、まず確実に返済が行われることです。借り手が十分な返済能力があるかどうかを予測することができれば、より信用性の高い取引が可能となるでしょう。

ソーシャルレンディングにおいて返済が守られるかどうかを予測するという課題に対しては、どのような研究が行われているのでしょうか。韓国にある延世大学のJi-Yoon Kimら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、ディープラーニングによりローン金額、支払い金額、ローン期間などの借り手側の多様なデータを学習させることで、返済可能かどうかの予測を試みたのでした。

テーマ:ディープラーニングによる返済予測

まずはJi-Yoon Kimらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP