移動ロボットに視覚と嗅覚の組み合わせ!【AI論文】

火災時やガス漏れ時、ミストのひどい工場など人間が呼吸ができない悪環境において活動できる賢いロボットの登場が今か今かと待たれている。

そこでスペインはマラガ大学のJavier Monroyら研究者は、ロボットに「視覚」と「嗅覚」を与えるために、とある機械学習フレームワークを開発したようだ。

その研究のポイントはこうだ。

✔️ オフィス、病院、工場などが緊急の悪環境に転じた時に動作するモバイルロボットへは、複数のセンサーの組み合わせが必要。

✔️ 研究者らは、ビジョン(Kinectセンサーとカメラ)と嗅覚(MOXベースの電子鼻)を使用して、環境を認識し、ガス源を検出および識別するロボットを開発した。

✔️ ガスを分類し、対応するオブジェクトを認識するために、ロボットは確率的ベイズフレームワーク(機械学習)とマルコフ決定プロセス(MDP)に基づく経路計画アルゴリズムで動く。

では、詳細を見てみよう。

ガス放出源の検出

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP