AIでクラウドファンディングの詐欺行為を自動検出する!(AI×ウェブ)【論文】

   

クラウドファンディングで安心して支援できる仕組みづくりを担うのはAIかもしれません。

課題:クラウドファンディングにおける詐欺の増加

近年、個人のニーズやアイデアへの支援を募る「クラウドファンディング」形式による資金調達が普及しています。一方で、このようなプラットフォームにおける詐欺行為も増加しており、寄付者の信頼を損なう要因となっています。

クラウドファンディングにおける詐欺行為にはどのような特徴があるかを判別し、どうすれば自動検出やブロックが可能となるかに関しては、十分な研究が行われてきませんでした。また、不正利用の事例もほとんど公表されていないため、プラットフォームの透明性は低いと言わざるを得ませんでした。

クラウドファンディングにおける不正利用を自動検出するという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。イギリスにあるロンドン大学のBeatrice Perezら研究者の発表を紹介したいと思います。

彼らは、収集した700件のキャンペーンに不正かどうかのラベルを付与し、機械学習による不正行為の分類器を構築したのでした。

テーマ:機械学習を用いて不正利用を検出する

まずPerezらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP