AIがリサイクル活動を促進する?

リサイクル不足は大量の廃棄物を生み出す

AIを活用して商品のリサイクルを支援するテクノロジーを開発する企業が増えれば、家庭から出るゴミを分別・整理し、大量の廃棄物の発生を防ぐことができるだろうか?

たとえば、英国においては、リサイクル不足などのリサイクルに関する大きな問題が未だ存在している。

グリーン協定の慈善団体によれば、英国政府は2014年に38億ポンド相当の資源を廃棄送りにした。さらに2015年、英国のリサイクル率は史上初めて低下した。居住地域によって大きく異なる英国の混沌としたリサイクル政策を、多くの国民が非難した。

ゴミ分別袋の中に間違ったゴミが1つあるだけで、そのゴミ全てはリサイクルプラントではなく埋め立て地に送られることがある。

もし、AIロボットに多額の投資をし、ゴミの効果的な分別を支援できれば、リサイクルにまつわる課題を全て解決できるだろうか?

AIロボットが材料を分別する

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP