微生物燃料電池の育成ロボット「EvoBot」!【人工知能論文】

   

人工生命実験は難しい!

液体処理ロボットは、人工生命分野ではほとんど使われることがない。当該分野では、非平衡人工システムの一時的な挙動について研究されており、機械での結果モニタリングとログ収集が必要とされている。それだけでも大変なのに、従来の液体処理ロボットは既定タスクを自動化するように設計されているため、変動的である人工生命実験への適用が困難なのである。

救世主、「EvoBot」の開発

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP