ウェアラブルで快適空間を【AI論文】

総務省によると、ウェアラブルデバイス(サービス含む)の市場予測は2020年には630億ドル近くになるとのことだ。
ピンと来る人は少ないかもしれないが、ウェアラブルの存在が出始めた時にビジョナリーたちはその有用性にいち早く目をつけていた。

https://youtu.be/u8tnYt30L-A
「ウェアラブルは私たちの生活をどう変えるか?」についてのTED Talk。

加えて今、AI技術の台頭とともにウェアラブルデバイスの能力が引き上がった。
以下は、それによってもたらされた、快適さの果てなき追究というべき技術開発についての研究論文である。

ウェアラブルで快適空間を

(Featured AI) Comfortable space realized by wearable technology (Publication)

A. Youssef, A. Y. A. Amer, N. Caballero and J.-M. Aerts, “Towards Online Personalized-Monitoring of Human Thermal Sensation Using Machine Learning Approach”. Appl. Sci.9(16), 3303 (2019). について

 DOI: 10.3390/app9163303

3つの要点

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP