航空機のエンジン故障を事前に予測する新手法とは?(AI×製造)【論文】

   

エンジンは航空機の安全性を左右する

航空機のエンジンの管理は、航空機の安全性やメンテナンスコストを削減する上で重要な要素だ。中でも、残留耐用年数(RUL)推定は、 航空エンジンの健全性管理(PHM) において鍵となる技術である。

RULを予測する方法は、「物理ベースモデル」「データ駆動型アプローチ」「2つのハイブリッド」の3つのタイプに大別される。データ駆動型アプローチは、物理ベースのモデルと比較して迅速かつ低コストで適用できるため、より有用である。しかし、システムの故障データが不足していると、大きな誤差を生じる可能性がある。

そこで、こんな研究を紹介したい。

中国にある中国電子科学技術大学のZhongzhe Chenら研究者は、航空機エンジンの残留耐用年数予測という課題に着目し、サポートベクターマシンの活用を試みた。

航空機エンジンの故障時期を推定

Zhongzhe Chen らの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP