【論文実装】今週取り組むべき5本(2020年5月第4週版)初心者向けディープラーニング学習ツール−。

   

最近公開された機械学習の最新論文の中から「ソースコード、事前学習済みのモデル、データセット」が与えられているホットなものを選んで紹介。実際にAIを動かして座学から抜け出そう!

バックナンバーはこちら

今週のラインナップ
1. 初学者向けのディープラーニング学習ツール
2. タスク指向の対話への新たなアプローチ
3. GIMPにディープラーニング
4. 人体パーツの認識
5. ディープラーニングで画像検索

※エントリーについて

各論文・Githubや公式サイトで示されている実装手法に基づいて、何らかの題材をもとに技術を活用した/する意欲がある方は、各トピックスにある「エントリー」よりご連絡ください。結果にかかわらず取材させていただき、メディアでPRさせていただきます。

初学者向けのディープラーニング学習ツール

AI技術を初学者が学びやすいように新たなツールが開発されました。

ディープラーニングの大きな成功は、多くの実務家や学生がこの技術について学ぶ動機となっています。しかし、ディープラーニングは複雑であり初心者が最初の一歩を踏み出すには敷居が高く感じます。

論文著者のZijie J. Wangらは、CNN Explainerを提案しています。これは非専門家が基本的なディープラーニングのモデル構造である畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を学習・調査するために設計された対話式の視覚化ツールです。

CNN ExplainerはオープンソースでWebブラウザで実行することができ、最新のAI技術の学習方法を拡大します。これによりディープラーニングの学習の敷居が下がることが期待されます。

実装してみよう!

タスク指向の対話への新たなアプローチ

タスク指向の対話の新たなアプローチにより、従来の方法よりも優れた結果をもたらします。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP