衛星システムの穴を越えて自動運転の実現へ【AI論文】

自動運転車の完全実現は待ち遠しいが、手を出す前にどのような技術によって成り立つサービスなのか、理解しておいたほうがいいだろう。何か予期せぬトラブルがあった時に、最後に頼れるのは自分自身だからだ。

https://youtu.be/DJ60surUahI

下記論文の要旨にも現れるが、自動運転車の位置調整の大きな部分はGPS通信に頼る。
速さ数十キロの移動物体の方向を地球外との通信に頼るのは、冷静になると怖いかもしれない。しかし、何はともあれ最適な環境下であれば問題なく精緻な位置決めが可能である。

https://youtu.be/ufNNuafuU7M

だが、最適な環境でのデータを、あらゆる環境での場合と同様に考えるのは気が早い。通信環境が悪い状態で事故が起こる可能性を、完全に潰しておく必要がある。通信状態が悪くなったら車を道路の脇に駐車する制御機能を備えておく?それもいいかもしれないが、研究者らはもう少し知恵を絞ることにしたようだ。

以下は、自動運転車のナビゲーションシステムにおける論文の要旨である。

衛星システムの穴を越えて自動運転の実現へ

(Featured AI) Beyond GPS system problem self-driving will be realized. (Publication)

Muhammed Tahsin Rahman, Tashfeen Karamat, Sidney Givigi, and Aboelmagd Noureldin, “Improving Multisensor Positioning of Land Vehicles with Integrated Visual Odometry for Next-Generation Self-Driving Cars”. Journal of Advanced Transportation, Volume 2018, Article ID 6513970, 12 pages, 2018. について

DOI: 10.1155/2018/6513970

3つの要点

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP