列車の新しい管理システム、画像認識で実現(AI×都市)【論文】

   

列車制御システムの課題

鉄道における列車制御システムとは、基本的には信号システムのことである。列車は、線路側から受信した信号を正しく認識することができれば、安全に運行することができる。列車の速度が今ほど速くなかった時代には、列車の動きの制御を人力で行っていたが、現在の速度においてはシステムに頼らざるを得ない。

現在、列車の速度などを管理するために検出装置がレールに沿って多数配置されているが、この方法は実装コストや保守コストが非常に高い。さらに機器の故障、信号強度の低下、通信媒体の飽和、電磁干渉などにより、列車制御システムの故障が発生し、列車の正常な運行に影響を及ぼす可能性がある。

台湾にある義守大学のYuan-Wei Tsengら研究者は、列車制御において既存のシステムではメンテナンスにコストと時間がかかりすぎるという課題に着目し、画像認識で標識を認識し列車を制御するシステムの開発を試みた。

結果、うまく標識を認識し列車を制御できたのだろうか?続きを読んでみよう。

AIで未来を変える仲間:Yuan-Wei Tsengについて
台湾の義守大学・電子工学科の教授。専門分野は制御理論やシステムモデリングなど。

画像認識で標識を分類し、列車を制御する

Yuan-Wei Tsengらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP