既存薬の新しい可能性をAIで探る(AI×医薬品)【論文】

   

既存薬による新たな治療ターゲットを探そう

従来の創薬は、一つの疾患、一つの薬の標的となる遺伝子(標的遺伝子)に対して有効に作用する特定の薬剤の探索が主流であった。一方、近年では、薬剤は複数の標的遺伝子に作用することが多いため、 既存薬を新しい疾患の治療法として再利用できる可能性に注目が集まっている。

そのためには、既存薬の新しい使用法に関する薬と薬のターゲットとなる標的の相互作用(DTI)の特定が必要不可欠とされているが、既存の方法は実験によって得たデータが少ないため、予測の信頼性は依然として低い。

中国にある瀋陽師範大学のS. Meiら研究者は、既存薬におけるDTI予測の信頼性の向上という課題に着目し、既存薬の新たな疾患に対する関連性の予測を試みた。

結果、既存薬による新たな治療ターゲットは予測できたのだろうか?続きを読んでみよう。

既存薬転用のためのマルチラベル学習フレームワークの開発

S. Meiらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP