「AIの目」が送電線の事故を防ぐ!(AI×都市)【論文】

   

電力供給装置を事故から守ろう!

電力を安定的に供給するには、電力システムを安定的に運用することが大切だ。特に、架空高圧送電線の安全性は、電力供給システム全体の安定的な運用に密接に関係する。電力供給距離が非常に長いため、架空高圧送電線は建設現場がある都市や郊外を頻繁に通過することもある。

近年、都市インフラ建設の発展に伴い、工事車両によって送電装置が損傷し、電力供給の安全性に脅威をもたらすことがある。このような被害を防ぐため、これまでは係員が現場を監視していた。

中国にあるハルビン工業大学のXuezhi Xiangら研究者は、工事車両が電力供給装置を損傷させるのを防ぐシステムの開発が必要であることに着目し、Faster R-CNNを改良して工事車両の検出を試みた。

結果、工事車両は精度よく検出できたのだろうか?続きを読んでみよう。

改良版Faster R-CNNによる工事車両の検出

Xuezhi Xiangらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP