古典的な画像処理はMRIから脳腫瘍を発見できるか? (AI×医療)【論文】

   

癌につながる可能性もある脳腫瘍

脳腫瘍とは、頭蓋骨内で制御不能な不規則な成長をする細胞のことである。この細胞は、頭蓋骨の内部で成長するため、脳の正常な機能に影響を及ぼす可能性がある。また、脳腫瘍は癌につながる可能性もあるため、早期発見が重要である。

一般に、脳腫瘍などのリスクの高い疾患は、CTやMRIなどの画像にさまざまな画像処理技術を適用することで検出および診断できる。機械学習は、医療画像においても大きな成功を収めているが、以前までの研究ではより古典的な方法が広く採用されているため、古典的な画像処理技術にもまだ考慮の余地はある。

マレーシアにあるMARA工科大学のNoor Elaiza Abd Khalidら研究者は、脳腫瘍領域の検出と位置の特定という課題に着目し、明快な画像処理アプローチを試みた。

結果、 検出精度はどうなっただろうか?続きを読んでみよう。

古典的な画像処理アプローチによる脳腫瘍検出

Noor Elaiza Abd Khalidらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP