危険なクレーンから作業員を守るには?(AI×都市)【論文】

   

建設現場でのクレーン事故

建設現場は動的で複雑な作業環境である。そんな環境で働く建設労働者の安全状況は、近年も事故量が増加傾向にあり、厳しい状況だと言える。

建設現場で最も多く使用されている大型機器はタワークレーンだ。作業員は常に頭上の環境に注意を払うことができないため、重量物が落下した際の事故を回避することが難しいことが多い。そのため、クレーンによる建設事故が多発してしまっている。

中国にある大連理工大学のZhen Yangら研究者は、作業現場においてクレーンによる事故が多発している状況に着目し、現場を撮影した動画から物体を検出しその距離を求めることで作業員の安全を守るシステムを開発した。

結果、物体の検出には成功したのだろうか?続きを読んでみよう。

AIで未来を変える仲間:Zhen Yangについて
中国・大連理工大学土木油圧工学部に努める。専門は品質保証エンジニアリングと安全エンジニアリング。現在は建設管理に関するプロジェクトに携わっている。

AIで物体間の距離を正確に計算する

Zhen Yangらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP